トップページ > 社内での「付き合いマナー」を身に付けよう!

社内での「付き合いマナー」を身に付けよう!

同じ部署やオフィスで一緒に働く人間としては、やはり良い関係を保っておきたいですね。もちろん、「友人」としてではなく、「ビジネスパーソン」としての関係です。そこで、社内での人間関係のマナーについて勉強してみましょう。

まず、絶対にダメなのが「悪口」や「金銭の貸し借り」です。仲の良い社内であれば多少はあるかもしれませんが、悪口はどこで誰が聞いているか分かりませんし、金銭の貸し借りはトラブルの元です。

また、「恋愛」や「貯金の金額」など、プライベートなことを詮索することも止めておきましょう。特に、男女間の会話で、プライベートなことを聞き出すのはご法度です。

以前であれば、後輩や部下を強引に飲みに誘うこともありましたが、最近ではマナー違反として見られてしまいます。誘うこと自体は問題ありませんが、男女間で「2人きり」でのお誘いや、断った相手をさらに強引に誘い出すなどは絶対にダメですね。

社内の人間関係の構築において最も大切なのは、「ビジネスパーソンとしてのお付き合い」を、常に念頭に置いた行動を取ることです。会社は学校ではありません。したがって、同僚や上司、後輩や部下は、「ビジネスの仲間」であり「友人」ではないのです。それに、子供であれば、一度信頼関係が崩れてもすぐに元通りになりますが、大人の場合はそうはいきません。「波風を立てず、ひたすら大人しくする」というのはオススメできませんが、ビジネスマナーをしっかりと守っておけば、自然と円滑な関係が維持できると思いますよ。

関連サイトとなります

ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C) 三重県のビジネスホテル宿泊予約. All Rights Reserved.