トップページ > 薬剤師の需要が急激に伸びている理由

薬剤師の需要が急激に伸びている理由

薬剤師は薬剤師国家試験に合格しなければ就くことができない職業です。薬剤師になるためにはまず大学の薬学部で6年間に渡って学び、その時点ではじめて薬剤師国家試験を受ける資格が得られることになります。薬剤師国家試験に合格した後には薬剤師名簿に登録の申請を行わなければなりません。登録が完了することで晴れて薬剤師としての免許が交付されます。

さて薬剤師は長い期間に渡って就職率や求人率が高く、収入の面でもひじょうに安定しているため、大学生たち、特に女子学生にとっては常に人気の高い職業となってきました。これまでの薬剤師の需要は、いわゆる就職氷河期などの影響も最小限におさえられ、常に右肩上がりで上昇を続けてきたのです。ところがここ数年というもの、薬剤師に対する求人率が急激に上昇し、需要が高まっています。これにはどのような背景があるのでしょうか。実は大学の薬学部は以前は4年制がほとんどでしたが、薬剤師としての技術や地位の向上を目指すことを主眼として、2006年度からは薬学部6年制度課程が導入されました。薬学部とは言え、医学部と同等の長期間に渡る就学が必要となったのです。

この薬学部6年制度課程によって大きな問題が持ち上がりました。それは4年制から6年制へと移行したことによって、2010年および2011年の薬学部の卒業生で国家試験を合格した人材がほとんどいなくなってしまうと言うことです。これは薬学部6年制度課程の導入による「薬剤師の空白の2年問題」としてさまざまに論じられ、検討を重ねられてきました。

関連サイトとなります

ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C) 三重県のビジネスホテル宿泊予約. All Rights Reserved.