トップページ > 薬剤師の需要を決定する要因とは

薬剤師の需要を決定する要因とは

都市部のドラッグストアなどでは年間を通じて薬剤師を募集しているのを見かけることがありますが、これはここ数年で急増してきた調剤薬局においても同様で、採用に関する意欲は衰える気配はありません。しかし都市部には大学の薬学部を卒業したてのフレッシュな薬剤師が集中的に存在しているため、このような薬剤師募集の広告に対する需要と供給のバランスは比較的うまく取れていると言えます。大都市であれば薬学部を擁する私立大学も多く存在し、薬剤師国家試験を経て毎年多くの薬剤師を世の中に送り出していますが、ドラッグストアや調剤薬局がそれ以上のスピードで数を増しているため人材が飽和状態になることはないのです。

また最近では薬剤師の活躍の場はこうした調剤薬局などに限らず、多方面の企業にも広がりつつあります。製薬メーカーや化粧品メーカーなどはこれまでにも薬剤師を大量に採用してきた、薬剤師にとってはいわば定番の就職先ですが、これらの企業に加えて保険や衛生などに関する商品の開発を行っている企業や、食品のメーカーなどでも薬剤師の存在は欠かせないものとなっているのです。さらに大学病院や診療所などの機関からの薬剤師に対する求人も年々上昇する傾向にあり、薬学部出身で病院に勤務している者の割合は15%を越えています。またこうした都市部においては勤務形態においてもさまざまで、常勤以外にもパートや契約社員として勤務している割合もひじょうに高くなってきています。

関連サイトとなります

ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C) 三重県のビジネスホテル宿泊予約. All Rights Reserved.